月夜のうさぎのポスクロ日記

ポストカードで世界旅行。ポスクロ記録

【ポスクロ】送ったばかりの白川郷のハガキと火災のニュース

こんにちは。

先週は沖縄の首里城の火災に驚きましたが、昨日は白川郷の近くでまた火災のニュース。

世界遺産や文化財での火災発生に驚くばかりです。

 

news.livedoor.com

 

じつは、少し前にその白川郷のハガキを送ったばかり。

しかも、“火災防止のための一斉放水”のハガキだったので

ニュースを見ながらドキドキしてしまいました。

 

白川郷の一斉放水

f:id:usagi-on-the-moon:20191105152619j:image

私が送ったのはこのカード。

水にまつわるカードを希望されていたアメリカ人男性へ送ったものなのですが

火災のニュースは海外でも報道されているでしょうか?

そろそろ手元にこのカードが届く頃なので

もしニュースを見ていたら、ちょっとビックリするかも知れませんね。

 

毎年秋に行われる白川郷の一斉放水。

空気が乾燥する冬に向けて、火災予防のために行われているのだそうです。

 

ニュースでも、この一斉放水の様子が紹介されていました。

この地区に住む住民の方は、一斉放水の際などに放水銃の扱い方を訓練しているので

火災が起こった時もいち早く放水して、大惨事になるのを防げたと言ってましたね。

 

何事も備えが肝心

このニュースを見ながら、いざという時のために訓練しておくことや

日頃の備えが大切だと改めて感じました。

 

私の住んでいる町では、毎年9月の防災訓練のほかに、12月には火災に備えた避難訓練が行われます。

地域の拠点となる場所へ集合し、消防署さんの指導のもと炊き出しや消火訓練などが行われるのですが、いざという時果たして訓練のように消火活動出来るかな?

と想像してみたりします。

 

 

また、近くには自衛隊の演習場があるので、

毎年春先には伸びてくる草が原因の火災を予防するために

その広い敷地の草を燃やす“野焼き”が行われるんです。

 

地震、台風、火災

今年もいろいろな災害が起きましたね。

決して他人事ではなくなっている災害。

 

災害が起こらないことが一番ですが、万が一の時にどうすれば良いか…

これを機にもう一度見直してみようと思います。

 

 


防災セットSHELTER☆1人用 防災士監修の防災グッズ 楽天