月夜のうさぎのポスクロ日記

ポストカードで世界旅行。ポスクロ記録

【ポスクロ】ちょっと残念に感じた受け取りカード

ポスクロ で海外から送ってもらったカード

どんな写真やイラストのカードでも、基本的に嬉しいのですが

時にはちょっと残念だな、と思う物もあります

 

海外から長い時間をかけて届くので

カードが傷ついたり折れていたり…

 

今日は、そんなちょっと残念だと思ったカードのご紹介

 

ちょっと残念なカード

残念ポイントその1  テープ

まずはこちら

 
f:id:usagi-on-the-moon:20180611170956j:image

先日アメリカの女性からいただいたもの

写真は、私の好きなペンギンだし、通信面にも可愛いシールを貼ってくれて

私好みのカードなのですが、残念なのは

表面の写真の部分に

事務処理に使うと思われるバーコードみたいなテープが

ベタっと貼り付けられてしまったこと

 

そっと剥がしてみましたが、そのバーコードみたいな物が

カードに写ってしまって、変な模様みたいになってしまいました

 

もともと割と暗めの色のカードなので

幸い写ったバーコードはそんなに目立たないのですが

これが薄い色や明るい色のカードに貼られていたら、せっかくのカードが台無しかも。

 

今までもらったカードには、こんな風に表にテープが貼られてしまう物はなかったので

その州の郵便事情なのかも知れませんが

やっぱりちょっと残念。

 

それにしても、結構リアルなペンギン。

個人的にはもっとふわふわの可愛いペンギンの方が好きです

 

残念ポイントその2  インク

こちらは、ドイツから送っていただいたカード

 

 
f:id:usagi-on-the-moon:20180611171044j:image

送ってくれたのは、ドイツに住む60代の男性で

頑張って書き出しは日本語で「今日は」

最後はSAYONARAと書いてくれました。

 

こういうの、嬉しいです。

送る国の方を思って、その国の言葉を使ってくれるその心遣いにホッコリします

 

私も、英語以外の言葉が母国語の方へ送るときは

HELLO と同じ意味の言葉を調べて書いたりします。

いろいろな言葉があって、書き慣れない文字はなかなか大変なんですよね。

 

で、このカードの残念なポイントは

消印らしき物のインクが表に写ってしまったこと

 

黒いインクで、カードが汚れてしまっていて、

綺麗な空やお城の壁あたりがインクの色に…

 

 

長い時間旅するカードだから

海外の遠い国とのやりとり

少なくとも1週間、時間がかかってしまう国や地域なら1ヶ月以上も郵便物として、いろいろな書類に紛れて運ばれて行くカード達

少しの傷や折れ、汚れは仕方ないものと割り切ってはいます

でも、やっぱり出来るだけ綺麗な状態で送ったり受け取ったりしたいですね。

 

なので、日本から送るハガキも紙質の悪い(薄い)カードはあまり使わないようにしています

最初の頃、到着メッセージで「カードにダメージがあった」と言われたこともあり

薄いカードだと、最悪の場合破れてしまうこともあるのかな、と思ったりします。

最近、送る時は祈るような気持ちでポストに投函する私です

 

 

 

 <広告>