月夜のうさぎのポスクロ日記

ポストカードで世界旅行。ポスクロ記録

【ポスクロ】春のグリーティング&記念押印

今日は月に一度の通院日。 病院て、何度通ってもちょっと憂うつ

通っている病院は、温泉街にある大学病院。 近くには老舗の温泉宿が建ち並んでいるのだけれど、そこに小さな郵便局もある

せっかくなので、ポスクロ用に新しい切手を購入しよう♪ と、通院の憂うつさが少しでも軽くなるように、こころ弾む楽しみを…


春のティング切手を購入

ちょうど、“春のグリーティング切手シート”が発売されていたので、62円の切手シートと、組み合わせ用に5円や3円の切手を合わせて購入。


春のグリーティング切手は、チューリップや菜の花など、色とりどりのお花のデザインです。 切手シートの台紙自体、淡いピンク色なので、見た目にも春を感じさせてくれます。

f:id:usagi-on-the-moon:20180323164418j:plain

春のグリーティング

       

中でも桜の切手は切手のカタチも桜になっていて、日本の春っぽさが伝わる素敵な切手。

「せっかく観光地の郵便局に来たのだから」

と、ご当地カードに買ったばかりの春のグリーティング切手を貼り、風景印で記念押印もしていただきました。

f:id:usagi-on-the-moon:20180323153431j:plain

風景印を押してもらいました


この風景印、静岡県の伊豆長岡郵便局の物なのですが、昭和27年から使用されていて、観光地らしく富士山と温泉郷がデザインされています。


ご当地カードにも富士山がデザインされているので、ちょうど良い記念になりそうです。

先日ダイレクトスワップをすることに決めた中国の男性に、ご当地カードを送る約束をしているので、この風景印を押したカードにしようと思います。


ご当地カードや風景印、ポスクロ初心者の私はその存在を今まで全然知らなくて、気にしたこともなかったのですが、意外と奥が深いんですね。


郵便や切手を趣味とされている方々は、各地でハガキや切手を買い、それに合わせた風景印なんかでお手紙をやりとりされているのでしょうか。


ポスクロを始めてから、郵便に関する知識が増えていくのを感じます。

ポスクロでもそうですが、手紙やハガキを送る時、相手のことを想像してどんな物を送ろうかと選ぶのは楽しいし、そういう気持ちを考えるから、自分が受け取る時も嬉しくなるのだと思います。

やっぱり、メールやSNSでは伝わらない暖かさが、手紙やハガキにはありますよね。




伊豆長岡温泉の素敵な旅館はこちらから